小林工務店の『5つのこだわり』

POINT.1 材料へのこだわり

小林工務店では10年以上前から一貫して、基本的な構造材に4寸角の県産材を使用しています。断面積は通常使われる3寸5分の1.3倍以上!(この数値が大きいほど、丈夫で耐火性にも優れたものになります。)また、耐震性・耐久性を高める様々な金具をふんだんに使っているため、性能には自信があります! 東日本大震災の際も大きなトラブルなく、何人ものお客様から「小林工務店の家は丈夫!」とお褒めの言葉をいただきました。

従来から国産材を使用してきましたが、この4年ほど前からは県産材を優先して使用することにしました。地元の業者が八溝の杉・ヒノキなど県産材を使用して作ることでお客様へ補助が出ること、地域林業への貢献という理由もありますが、やはり地元で育った木はこの土地の気候に非常に相性が良いのも大きいです。

上棟式では「柱の数が多くて太い。がっちりした印象がある」というお言葉をよくいただきます。木材のプレカット工場にご案内するとほとんどが3寸5分の集成材(接着剤で構成されている材木)であることがわかるため、天然の無垢材で4寸柱の家は本当に嬉しいと感動の声を多く頂戴しております。


写真1枚目が3寸5分角と、4寸角を並べたものです。太さの違いが一目瞭然ですね! 写真2枚目が実際に使われている金具の一例です。

また、壁材、床材などにもホルムアルデヒドの放散量が最も少ないとされているフォースター(F☆☆☆☆)の建材を使用しています。お子様のアレルギー、アトピーなどをはじめとして、住宅に求められるテーマは年々増えてきています。私たちは住まう方々の健康にも細心の注意を払い、家作りに取り組んでいます。

POINT.2 地元密着で徹底したアフターケア

お客様から修理などのご要望をいただいたときには最優先に対応することを心掛けています。それは会社の技術の問題ではなく、お客様にご満足して暮らしていただきたいという私たちの姿勢・想い次第でできる基本的なサービスだからです。

十分なアフターサービスができるエリアとして、常陸大宮市及びその周辺の地域に密着してまいりました。住まいと家族は長い付き合いをする関係です。長く住まわれれば、当然、修理が必要な箇所も出てまいります。水まわりのトラブル、扉のたてつけが悪いなど小さな問題でも遠慮なくご連絡下さい。迅速に対応させていただきます。

また、365日24時間対応のアフターサポートサービス・パナソニック「Living Bell(リビングベル)」へのご登録も承っております。

こちらにお申込みいただきますと、下記の4つのサポートが365日24時間、いつでもお受けいただけます。

(1)水・鍵・ガラス・給湯器に関するトラブルの応急処置・点検サポート
(2)浄水器のカートリッジなど消耗品購入などのメンテナンスサポート
(3)新築時の図面や修理履歴など住まいのデータ管理サポート
(4)手の届かない場所の電球交換など、日常的な困りごとの解決サポート

新築なら10年間、すでにお住まいの方でも登録から5年間のサポートがお受けいただけます。ご興味のある方はぜひ小林工務店へご相談ください。

≫ 詳しくはこちら(パナソニック『Living Bell』)


地域の皆さまに育てていただいた小林工務店では、そんな地域の皆さまとの、コミュニケーションも大切にしています。


毎年11月3日に行われるふれあい広場に参加しています。舞台と畳のすべり台の設置を行っているのですが、この畳のすべり台は毎年大変ご好評いただいています。まだ未体験の方は、ぜひ遊びにいらしてください!

POINT.3 自由設計でお客様のこだわりを実現

注文住宅の良いところは、何といっても自分の思い通りの家ができることです。使いたい素材や材料の選択などを含め、お客様はいろいろな想いを持っていらっしゃいます。マイホームはご家族にとって「夢」そのものです。私たち小林工務店は、その想いに対して正面から向き合い、少しでもその想いが忠実に形になるように設定し、ご提案、施工をしていきます。

大まかな流れとしまして、お客様からおおよそのご要望をお聞きし、それに対して小林工務店からご提案、仕様を決めていきます。綿密な打ち合わせが必要になるため、こだわりのあるお客様とは20回以上お打ち合わせさせていただくこともあります。出来た家に住む人が合わせるのではなく、暮らす人に合わせて作る、まさに家作りの醍醐味を味わえるのが自由設計の注文住宅なのです。


お客様のご希望をわかりやすく形にするため、3D設計図をおこすことも可能です。
お客様が最も暮らしやすい家。それを小林工務店は形にします。

POINT.4 公共事業で地域のまちづくりに貢献

一般的な住宅などに比べ、公共事業では建築の基準が非常に厳しく設定されています。ですが、実は工事を実施する以前の段階においても、厳格な審査が行われているのをご存じでしょうか?

公共工事を取扱うには、入札参加資格を得るための審査をまずクリアし、認定される必要があるのです。この審査は毎年行われています。

小林工務店は高い施工レベルと信頼を得るため、そして何より地域密着企業として地域社会に貢献するため日々研鑽に励んでいます。県民の皆様のニーズにお応えし、暮らしやすい公共施設を作る。そうして培った技術を一般的な建築に活かすことで、更に地域への貢献を果たしていきたいと考えています。


公共事業の一例です。写真1枚目はS保育園。サッシに手をはさんでも平気なように工夫されています。写真2枚目は常陸大宮市田子内にある市営住宅です。

「小林工務店に頼んで良かった!」

お客様からのそんな嬉しい言葉を胸に、これからも公共事業への取り組みを積極的にしてまいります。


POINT.5 リフォーム・リノベーションにもスピード対応

ご高齢の方がいらっしゃる家での廊下・お風呂の手すりつけや、古くなった壁紙の張替え、外装の塗り直しなど、長く住まううちに劣化したものを新築時の状態に復旧するリフォーム。時代とともに移り変わる家族構成に合わせた、大幅な間取り変更やオール電化、耐震補強などリフォームにプラスアルファの進化を加えたリノベーション。

小林工務店は、こうしたリフォームやリノベーションに関しても、地域密着だからこそできる、スピーディーな対応を実現しています。たとえば、トイレのみのリフォームでしたら1日で完了することも可能です!

≫トイレ撤去→下地補強→クロス貼り→トイレ取付→手すり取付→1日で完了!

「子どもが生まれたので、家事の合間に様子が見られる対面キッチンにしたい」
「廊下やお風呂にはある手すりが、玄関にもあると助かる・・・」
「仕切りをなくして、広々としたリビングダイニングにできないかな」

住まいに関するご相談は、小さなものから大きなものまで、いつでもお気軽にお問い合わせください。お客様のご要望をお聞きしつつ、住まいに関するトータルアドバイザーとして、より良い方法のご提案までしっかりとさせていただきます。たとえば、介護を意識したリフォームであれば、手すりなどの設置はもちろん、車イスの導線を考慮した幅の設定など、お客様の状況に応じて細やかに対応させていただきます。

そこに住まうご家族が安心・安全に暮らせる家。ご家族が暮らしやすい家。小林工務店は時代がどう変化しようとも、今後もこれらの点にはこだわった家作りを通して、お客様の生活の中に笑顔が沢山みられるような家を形にしていきたいと考えています。

資料請求 お問い合わせ